ほうれい線の解消方法

ほうれい線の解消法とは!?

ほうれい線ができる原因の中でも一番影響しているのが、加齢による顔の頬の筋肉が弱くなってきていることです。

 

肌細胞を支える筋力が落ちると、肌がたるみ口元のシワが深くなり、そのせいでほうれい線が目立ってきます。

 

そこで、ほうれい線を解消するために大切なのが、顔のホホの筋肉を鍛えることです。

 

誰でも簡単にできるエクササイズで、口元の筋肉を鍛えてあげることで筋肉が強化され、口元は引き締まり、
そしてほうれい線も薄くなっていきます。

 

エクササイズ以外にも、食事の際によく噛むことやおしゃべりをすることでも口元の筋肉は鍛えられます。

 

また、前かがみの姿勢が多いと血液の循環が悪くなり、肩や首が凝りやすく、頭皮が固くなり、頬もたるみやすくなります。

 

この姿勢の場合は定期的に背筋を伸ばしたり後ろに反ってみたりするのがおすすめです。

 

 

 

ほうれい線の主な原因である「たるみ」と「乾燥」に絞って、ほうれい線の改善方法

 

たるみが原因のほうれい線には、何と言っても、表情筋の衰えを防止する顔のエクササイズが効果的です。

 

表情筋を鍛えることによって、ほうれい線は解消されていきます。

 

いろいろな顔のエクササイズがありますが、ここでは箸をくわえる方法についてご紹介します。

 

やり方は、まず箸をくわえます。

 

そして上下の唇をつけたまま、唇を横に引きそのまま5秒間キープします。

 

さらに唇を付けたまま、口角だけを「にっ」と上げて微笑み、5秒キープします。

 

最後に口角を上げ、歯を見せて笑います。

 

でも、わざわざ顔のエクササイズをしなくても、笑うことは表情筋を鍛えることになります。

 

普段の生活から笑ったり、喋ったりして表情筋を鍛える生活をしてみてください。

 

>>道具を使って顔の筋肉を効果的に鍛える方法とは!?

 

次に肌の乾燥です。

 

肌の乾燥は、ほうれい線の天敵でもあります。

 

皮膚の乾燥が原因のほうれい線には、肌が乾燥しないように保湿を心掛けることが一番重要です。

 

乾燥肌の予防にはしっかりとした保湿が大切になります。

 

保湿効果の高い化粧水にセラミドやヒアルロン酸配合のものがあります。

 

セラミドやヒアルロン酸は人の肌に存在する成分ですので、肌になじみやすく保水力が高いとされています。

 

また、季節によっては加湿器などを使って、適度な湿度を保つようにすると良いでしょう。

 

 

ほうれい線に効くツボとは!?

 

ほうれい線の解消にはツボも効果があります。

 

加齢によるものや、疲れなどでもお肌に元気がない、ハリ、弾力がないなと思ったらツボに刺激を与えてみましょう。

 

弾力がなくなり、たるみが目立ってきた顔に指圧を与え刺激送ることで血行がよくなり、新陳代謝を活発にしてくれ、
シワ、たるみ、ほうれい線などを改善する効果があります。

 

ほうれい線、シワ、たるみ、むくみに効くツボはいくつかあります。

 

★四白(しはく)
眼球の下から指1本あけたぐらいの、くぼみの部分です。
シワやたるみに効くツボと言われており、主に目の下のたるみ、クマなどに効果があります。
胃のツボということで、肌荒れにも良いようです。

 

★地倉(ちそう)
口角のすぐ横のあたりになります。
口のまわりのシワやたるみ、ほうれい線に効果があります。
あと、むくみやくすみ乾燥にも効果があると言われています。

 

★睛明(せいめい)
目頭と鼻の骨との間のあたりにあります。
この場所はよく目の疲れに効くと言われますが、お肌のハリや弾力を高める効果もあるようです。

 

★攅竹(さんちく)
眉毛の両内側端で骨がくぼんでいるあたりです。
まぶたや顔全体のむくみ、たるみ、シワ、ほうれい線に効果があります。

 

●やり方は、ツボ押しはお風呂上りに行うと効果があります。
また、仕事の合間やテレビを見ながらでも行うことができます。
同じところを4回、5回押してツボを刺激といいでしょう。
1日に何度も行なうのではなく、毎日少しずつ行うことで効果が実感できるようになると思います。

 

 

ほうれい線に効くペットボトルを使った解消法

 

自宅でもできるペットボトルを使った簡単なトレーニングで表情筋を鍛える方法を二つご紹介します。

 

まず一つ目は、

 

500ミリリットルの空のペットボトルを使います。

 

そのペットボトルに少量の水を入れます。

 

ペットボトルを置き、口でくわえて持ち上げます。

 

歯を使わず唇だけで持ち上げることがポイントです。

 

そのまま10秒間ペットボトルをキープします。

 

3セット行うと効果的です。

 

できるようになったら、だんだん水の量を増やしていきましょう。

 

くれぐれも無理は禁物ですよ。

 

 

そして二つ目は、

 

2リットルの空のペットボトルを用意します。

 

歯は使わず唇だけでくわえてください。

 

大きく息を吸ってペットボトルをへこませて10秒間そのままの状態をキープします。

 

次に大きく息を吐き、ペットボトルを元の状態に戻します。

 

同じく3セット行うとより効果的です。

 

 

>>道具を使って表情筋を効果的に鍛える方法とは!?

 

 

ベロ回し体操で、ほうれい線の予防と解消しましょう!

 

ベロ回し体操は、ベロを回すだけの簡単なエクササイズですが、ほうれい線を解消するだけでなく様々な効果が期待できます。

 

顔の表情を明るく若々しく保つためにも、ぜひ一度実践してみてください。

 

【ベロまわし体操のやり方】
まず口をとじます。
そしてベロ(舌)を歯の表面にそってぐるぐるまわします。
左回りに20回、右回りに20回、それぞれ行います。
これが1セットで、一日に3セットするだけです。

 

これだけで口のまわりの表情筋が鍛えられ、血行促進にも効果があり、段々とほうれい線が薄くなっていきます。
新陳代謝が促されることで、ほうれい線を目立たなくする効果があるのです。

 

このベロ回し体操は、ほうれい線以外でも、二重あご解消、シミが消える、顔のゆがみが改善されたり、口臭予防などに効果があると言われています。

 

普段あまり使うことのない筋肉は、使わなければ使わないだけ衰えていってしまいます。

 

使わないからこそエクササイズを行って、口周りや顔の筋肉を使うようにしてみましょう。

 

人によって効果はまちまちですが、早い人では三日目ぐらいからエクササイズの効果があらわれてくるようです。

 

ただしやり過ぎると逆にシワやシミの原因になってしまうこともあります。

 

ほどよく行って、ほうれい線の予防、解消に役立ててくださいね。

 

 

ほうれい線解消のまとめ

 

ほうれい線を予防、改善するためには、やっぱり顔の筋力トレーニングは不可欠です。

 

また、表情筋トレーニングはとにかく少しの時間でよいので毎日持続することが大切です。

 

お風呂に入っているときやテレビを見ながらでもできる簡単なエクササイズもあるので、継続してトレーニングして生きましょう。

 

顔の筋力トレーニングは、ほうれい線を予防・改善するだけでなく、顔の表情筋も鍛えられるので、自然と若々しいイメージに変わります。

 

是非、毎日実践することでほうれい線を解消し、今より10歳若返って生きましょう。

 

 

>>効果的に顔の筋肉を鍛えるグッズとは!?