ほうれい線 原因

ほうれい線ができる原因とは!?老け顔になりたくないですね!

口元にくっきりできたほうれい線は、老け顔の原因になりますよね。

 

ほうれい線ができる原因は、色々ですが、乾燥や紫外線によるものや加齢による肌のたるみによるものがあります。

 

その他にも、ストレスや睡眠不足、暴飲暴食なども考えられます。

 

肌質でいえば、脂性の人よりは、乾燥肌の人の方がほうれい線はできやすく、太っている人よりは痩せている人のほうができやすく目立ってしまうという特徴もあります。

 

最近ではパソコンや携帯メールなどによる目の使い過ぎから、20代前半の女性でもほうれい線に悩む人が増えているようですよ。

 

何といっても老け顔をイメージするほうれい線は頬のたるみが一番の原因で、小鼻の脇から姿を現してきます。

 

では、最初に、ほうれい線ができる要因についてですが、

 

まずは加齢による肌の「たるみ」です。

 

たるみは恐いですね!?

 

年齢を重ねることで肌の水分量が減少していき、ハリと弾力が失われていくため、肌がたるんでほうれい線が目立ってきます。

 

次に筋肉の衰えが挙げられます。

 

表情が豊かな人は、不思議とシワやたるみが少ないように感じるのですが、それは顔の表情筋を自然と鍛えていることになるからです。

 

よって筋力が落ちると、皮膚を持ち上げていることができずたるみやすくなります。

 

そして、最後に遺伝的なものが考えられます。

 

親から譲り受けた顔の骨格や筋肉の付き方によっても、ほうれい線ができやすいかどうかが分れます。

 

残念ながら遺伝によって若いころからほうれい線が目立ってしまうケースもあります。

 

できる原因を理解してほうれい線の解消にお役立ていただければ嬉しく思います。

 

 

>>たるみの原因の顔の筋肉を鍛える方法を見る

 

 

コラーゲン不足がほうれい線の原因になるのか!?

 

人間の皮膚は大きく「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層に分けられます。

 

ほうれい線の改善として特に重要なのが真皮層です。

 

真皮は、肌表面の表皮の下にあり、皮膚の生まれ変わりや肌の弾力・ハリなどと関係の深い重要な層となっています。

 

この真皮が正常な状態に保たれていれば、ハリのある健康な肌を維持することができます。

 

真皮の約70%はコラーゲンで作られており、真皮内に張り巡らされたコラーゲン繊維は肌に弾力とハリを与えています。

 

また、真皮層と表皮の間にはそれぞれをつなぎ合わせる基底膜と呼ばれる膜があります。

 

ここの膜にもコラーゲンが存在し、真皮から表皮へ栄養素を運ぶ役目があります。

 

このように、人の皮膚にとって欠かせないコラーゲンですが、残念なことに加齢によって生成量が減少することが分かっています。

 

コラーゲンが減少すると、肌に弾力を与えるネット構造が崩れてしまい、ほうれい線をはじめとしたシワやタルミを作り出す原因となってしまいます。

 

コラーゲンを作るにはビタミンCが必要で、ビタミンCには抗酸化作用など様々な効果がありますが、コラーゲンを生成してくれるというお肌に大切な要素が入っています。

 

ビタミンCは紫外線にあたったり、喫煙、ストレスなどがあると元気なコラーゲンを作ることができなくなってしまいます。

 

そのため、肌にハリや弾力がなくなり、たるみ、シワ、ほうれい線が出来やすくなってしまうというわけです。

 

ほうれい線解消にはビタミンCを多く摂取することが大切なようですね。

 

 

 

ほうれい線ができてしまう生活習慣とは!?

 

ほうれい線は、生活習慣によっても若い人でも悪化してしまうことがあります。

 

まずは、ストレスです。

 

体は、ストレスを感じるとそのストレスをやわらげるためにビタミンCを使うようになります。

 

ビタミンCは、肌にハリを与えるコラーゲンを作るのに必要なものです。

 

そのビタミンCが不足してしまうと、コラーゲンの組織の結合が弱くなり、肌からハリがなくなっていきます。

 

ハリがなくなっていくと、肌のたるみやほうれい線などもできやすくなってきます。

 

次に、喫煙です。

 

喫煙は、コラーゲンを生成するのに必要なビタミンCをこわしていくものです。

 

タバコ1本につき1日に必要なビタミンCの約4分の1をこわしていくと言われています。

 

さらに、喫煙することで血管を収縮させるため、細胞に酸素や栄養が行きにくくなり代謝が悪くなってしまいます。

 

だから、喫煙する人は、肌が荒れてたりするんですね!?

 

そして、寝不足もほうれい線の原因になります。

 

睡眠中に脳下垂体(前葉)から分泌される成長ホルモンは、日中に受けた肌へのダメージを修復してくれる作用があります。

 

この成長ホルモンは睡眠中に分泌され、眠り始めの3時間に質の良い睡眠がとれていることが大事です。

 

寝る前に光や音で脳を刺激しない。

 

カフェインをとったり喫煙をしない。

 

明かりを間接照明にするなど。

 

たるみ防止には心地良い眠りをつくるための環境づくりが大切です。

 

最後に、早食いです。

 

早食いをするということは、よく噛んでいないということで、それは表情筋をつかっていないということになります。

 

顔の筋肉、頬にたっぷりある脂肪を支える筋肉を鍛えていないので次第に頬がたるんでいき、ほうれい線が目立ってきてしまいます。

 

>>顔の筋肉を鍛える方法を見る